<< 今年のセンター試験、科目間の得点調整なし(読売新聞) | main | <秋葉原殺傷>「事実明かし償う」加藤被告表情硬く(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


タービン静翼の酸化腐食が原因=エアインディア機のエンジン部品落下−運輸安全委(時事通信)

 2008年9月、成田空港を出発したエアインディア機(ボーイング747−300型、乗客乗員182人)のエンジンが損傷し、破片が落下したトラブルで、運輸安全委員会は29日、低圧タービンの静翼が内壁面からの酸化による腐食で破断し、隣接する動翼などを次々と破壊したことが原因とする調査報告書を公表した。
 エンジンメーカーの米ゼネラル・エレクトリック(GE)は06年6月、航空各社に外側だけでなく内壁面も酸化防止処理した静翼への交換を勧めていたが、時期は定めていなかった。エアインディアは、この部分の整備を同年2月に済ませたばかりで、交換しておらず、安全委は「時期を明確にし、早期の交換を推奨することが望ましかった」とした。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
特集・エールフランス機墜落
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
貨物船、護衛艦の進路で衝突=関門海峡事故の画像公表

センター試験の外国人参政権「容認」 川端文科相「問題ない」(産経新聞)
認可保育所の定員25万人増…子育てビジョン(読売新聞)
「法テラスで悩みなくして」=はるな愛さんPR大使に就任(時事通信)
「小沢独裁と戦う」谷垣総裁が決意表明 自民党大会(産経新聞)
首相、外国人参政権「簡単ではない」(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 06:13
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
情報起業
クレジットカード現金化
探偵事務所
借金整理
アフィリエイト ホームページ
審査 甘い キャッシング
債務整理無料相談
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM