<< 旭川雪だるま49体壊された!器物損壊で調査(スポーツ報知) | main | 11年かけ自転車で地球2周 植村直己冒険賞に中西さん(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「投票になったら負ける」前副知事が説得工作(読売新聞)

 福岡県町村会による詐欺・贈収賄事件で、前県副知事・中島孝之容疑者(67)が、県後期高齢者医療広域連合の議員定数の策定に際し、「市側と町村側が譲らず、選挙(投票)になったら市側が数の論理で負ける。妥協してほしい」と複数の市長を説得していたことが関係者への取材で分かった。

 福岡県警は、山本容疑者の意向を実現させるため、説得工作を図ったとみて調べている。

 関係者によると、議員定数について、町村会は全市町村から最低1人の議員を割り当てる「66」を、市長会は「効率的な運営のため」として「17」を主張して対立。2006年10月に福岡市の県自治会館で開かれた、広域連合の第2回設立準備委員会で、中島容疑者は「私なりに案を作らせていただきたい」と発言し、素案作りの一任を取り付けた。

 中島容疑者は以降、各市長に対して説得工作を開始。市長会の複数の役員(市長)が県庁の副知事室を訪れた際には「定数問題が決裂して選挙になったら自治体数が多い町村側が必ず勝つ。妥協してくれませんか」などと言って、市長会側を説き伏せていたという。

 07年2月の第3回準備委員会で、中島容疑者の提案を説明した担当者は「市長会側から反対意見がなく驚いた」と話している。広域連合は、町村会側の意向が反映された中島容疑者の提案が採用され、翌3月に全国最多の「77」で発足した。

ねずみ講運営の3人起訴=関連会社役員は不起訴−京都地検(時事通信)
訃報 立松和平さん62歳=作家、著書に「遠雷」など(毎日新聞)
<雑記帳>ホッキョクグマお別れ会 札幌(毎日新聞)
<節分>鳩山首相の「鬼」は不景気…早く飛んでゆけ(毎日新聞)
替え玉殺人・中国人妻の共犯男の控訴棄却(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 20:06
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント

お姉さんの濡れ濡れお○んこ...す、すごいよ!!!!
あの腰の動きと絡みつく肉ヒダ!!我慢できぬくて中出ししまくった!!
オマケに7万の報酬まで貰っちゃって、もう俺めちゃ幸せっすーー!!(爆笑)
http://ten.fuckThejapan.com/1hpvt4g/
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
リンク
情報起業
クレジットカード現金化
探偵事務所
借金整理
アフィリエイト ホームページ
審査 甘い キャッシング
債務整理無料相談
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM